仕事帰りに行くキャバクラとセクキャバは懐具合をまず考える

ピンクのドレスの女性

キャバクラ嬢と堂々と言えます

以前は恥ずかしくて言えませんでした。私がキャバクラ嬢だと言っている人はいません。そして家族にも内緒にしてきたのです。でも働いて二年経った今、堂々と言う事ができたのです。「私はキャバクラ嬢をしています」大声で言ってもいいです。私はなりたくてキャバクラ嬢になったわけではありません。私は本当は銀行員になりたかったのです。でもお金のためにキャバクラ嬢になりました。そのおかげで、今ではこんなにもいっぱいのお給料をもらえるようになったのです。以前はできなかった親孝行もできるのです。両親のために大きな家を建てようと計画もしています。そして弟の大学進学の費用も私が用意しようと思います。だから私はこんなにもお金を稼ぐことのできたキャバクラ嬢だと、誰にでも堂々と言う事ができるのです。でもそんな私の事を汚らわしいと言う人もいるのです。親戚の叔母さんは、私の事を不潔だと言います。それでもいいのです。他人には何を言われても構いません。私自身が自信を持って言えるからです。それでいいのです。家族だって今は戸惑っていますが、きっとわかってくれる時がくるでしょう。その時を、ゆっくりと待っていようと思います。慌てないでゆっくりです。

Recommended Article

キャバクラで働くことについて

これまでみなさんはキャバクラで働いた事はありますでしょうか?きっと最近はこういう仕事にも寛容な人が多くなっているのでキャバクラで働いた事があるという方も多…

寂しいときほど酒が飲みたいが…

気分がブルーだったり、寂しいときって誰しもが経験すると思います。例を出せば、大好きな彼女に振られてしまったり、大事な仕事のプロジェクトでミスったときです。…

キャバクラ嬢と堂々と言えます

以前は恥ずかしくて言えませんでした。私がキャバクラ嬢だと言っている人はいません。そして家族にも内緒にしてきたのです。でも働いて二年経った今、堂々と言う事が…

Post List

TOP